相合い傘(あいあいがさ)の語源・由来

相合い傘

古くからある「相合い傘」。

この記事では「相合い傘」の語源や由来についてご紹介します。

スポンサーリンク

相合い傘の意味

一本の傘を男女二人が一緒にさすこと。

相合い傘の語源・由来

「相合い傘」の「相合い(あいあい)」は、一つの物を二人で使うことを意味する言葉です。

「相合い」は江戸時代から使われている言葉で、「相合い傘」の他にも「相合い炬燵」「相合い蒲団」「相合い駕籠」「相合い袴」など、広く使われました。

落書きの定番と言える相合い傘の落書きも、江戸時代から存在していたようです。

類語・関連語

・痘痕も靨(あばたもえくぼ) ・ツーショット ・蝙蝠傘(こうもりがさ) ・長柄傘(ながえがさ) ・番傘(ばんがさ) ・蛇の目傘(じゃのめがさ) ・相思相愛(そうしそうあい) ・雨(あめ) ・合羽(かっぱ) ・てるてる坊主(てるてるぼうず) ・落書き(らくがき) ・カップル ・アベック ・いちゃいちゃ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。