あえ物(あえもの)の語源・由来

あえ物

色々な種類がある「あえ物」。

「あえ物」の語源や由来は何でしょうか?

ここでは、身近な料理である「あえ物」についてご紹介します。

スポンサーリンク

あえ物の意味

魚介類や野菜などを酢・味噌・胡麻などで混ぜ合わせて作った料理 。

あえ物の語源・由来

あえ物は漢字で「和え物」と書きます。
「和え」は「和える」の連用形で、混ぜ合わせるの意。

「和え物」は、九世紀末の「新撰字鏡(しんせんじきょう)」にも見られ、古くからあった調理法です。
味噌やゴマなどをアエゴロモとも言います。

酢和えは、現在では「酢の物」というのが一般的です。

類語・関連語

・海鼠腸(このわた)  ・白和え(しろあえ)  ・雲丹(うに)  ・下ろし和え(おろしあえ)  ・浸し物(ひたしもの)  ・お浸し(おひたし)  ・カルパッチョ  ・鉄火(てっか)  ・酢の物(すのもの)  ・コールスロー  ・シーザーサラダ  ・酢だこ(すだこ)  ・南蛮漬け(なんばんづけ)  ・お新香(おしんこ)  ・香の物(こうのもの)  ・マリネ  ・浅漬け(あさづけ)  ・一夜漬け(いちやづけ)  ・古漬け(ふるづけ) ・あちゃら漬け(あちゃらづけ)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。