相棒(あいぼう)の語源・由来

相棒

人気ドラマのタイトルにもなっている「相棒」という言葉。

なぜ「棒」なのでしょうか?

ここでは「相棒」の語源や由来についてご紹介します。

スポンサーリンク

意味

二人で一緒に仕事などをするときの相手。仲間。パートナー。

相棒の語源・由来

「相棒」はもともと「相方になる棒組み」を意味する言葉です。
「棒組み」は「駕籠かき(=駕籠をかつぐことを職業としている人)」を意味し、相方になる棒組みを略して「相棒」といいました。

江戸時代に、駕籠やもっこを二人一組で担ぐ際、互いに相手を「相棒」と呼んでいたことから転じて、二人で協力して仕事を進める場合など、一緒に何かをする相手のことを互いに「相棒」と呼ぶようになったとされています。

類語・関連語

・先棒(さきぼう)  ・相手(あいて)  ・コンビ  ・パートナー  ・相合い傘(あいあいがさ)  ・仲間(なかま)  ・輩(ともがら)  ・同じ釜の飯を食った仲(おなじかまのめしをくったなか)  ・同伴者(どうはんしゃ)  ・一味(いちみ)  ・馬が合う(うまがあう)  ・棒(ぼう)  ・漫才(まんざい)  ・道連れ(みちづれ)  ・同行(どうぎょう)  ・同じ穴の狢(おなじあなのむじな)  ・一つ穴の狢(ひとつあなのむじな)  ・双璧(そうへき)  ・味方(みかた)  ・片棒(かたぼう)  

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。