アスパラガスの語源・由来

アスパラガス

最近では「ホワイトアスパラガス」もある「アスパラガス」。
一度は食べたことがある農作物だと思います。

この記事では「アスパラガス」の語源や由来についてご紹介します。

スポンサーリンク

アスパラガスの意味

ユリ科の多年草。世界で150種類ほどあり、南ヨーロッパが原産。高さは1メートル前後になる 。幼茎を食用とする他、葉を観賞する種類もある。オランダキジクカシ。マツバウド。西洋ウド。アスパラ。

語源・由来

アスパラガスは、江戸中期頃にオランダ船によって観賞用アスパラガスが長崎に伝えられたのが最初とされています。

アスパラガスの名は、ギリシア語の「asparagos」が語源であり、これは「新芽」の意。
オランダ語では「aspergie」といい、ここから、古くは「アスペルチー」「アスペルケー」「アステルビ」などと呼ばれました。

現在の「アスパラガス」は英語の「asparagus」からきている外来語です。

類語・関連語

・カリフラワー ・ブロッコリー ・ピーマン ・アネモネ  ・アザレア   ・トマト ・グリーンピース ・パセリ ・セロリ ・マッシュルーム ・ オニオン ・ガーリック ・エシャロット ・トリュフ ・エリンギ ・木耳(きくらげ) ・滑子(なめこ) ・オクラ ・ラディッシュ ・ジャガ芋(じゃがいも)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。