彼方(あちら)の語源・由来

あちら

普段からよく使う「あちら」という言葉。
漢字で書くと「彼方」です。

「あちら」の語源や由来はなんでしょうか?

スポンサーリンク

あちらの意味

遠称の指示代名詞。話し手や聞き手から離れた場所を指す。あっち。

語源・由来

「あちら」は、「あち」に接尾語「ら」のついた言葉です。
「あち」は「あちこち」の「あち」で「こち」と対になる語です。
「あ」は「あれ」「あの」などの「あ」と同様に、遠くにあるものを指します。
「ち」は「こちら」「そちら」などの「ち」と同様に、方向などを指します。

ちなみに、「あっち」は「あち」の変化した語で、「あちら」のくだけた言い方です。

類語・関連語

・こちら ・こっち ・あっち ・その ・あの ・そこら ・その辺り ・こんな ・そんな ・どんな ・あんな ・ここ ・あそこ  ・そこいら ・そんじょそこら ・そちら ・そっち ・あの辺り ・あそこら辺 ・彼方(かなた) ・どこら ・どこいら ・どこら辺 ・どちら ・そこかしこ ・そこここ ・ここかしこ ・あちらこちら ・あちこち ・どこもかしこも ・貴方、彼方(あなた)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。