兄貴(あにき)の語源・由来

兄貴

使う人も多い「兄貴」という言葉。
「あにき」と読みます。

この記事では「兄貴」の語源や由来についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

兄貴の意味

兄または兄として付き合う人に対する敬称・親称。にいさん。

兄貴の語源・由来

「あにき」は「あにぎみ(兄君)」の略です。
「き(貴)」は「あねき(姉貴)」や「おじき(叔父貴)」などの「き(貴)」と同様です。
「貴」は当て字で、漢字としての意味はなく、「貴」の字を当てる習慣が確立したのは比較的新しいことだと考えられています。

類語・関連語

兄(あに) ・兄弟(きょうだい) ・姉妹(しまい) ・同胞(はらから) ・腹違い(はらちがい) ・兄弟分(きょうだいぶん ) ・兄上(あにうえ) ・お兄ちゃん(おにいちゃん) ・箱入り娘(はこいりむすめ) ・蝶よ花よ(ちょうよはなよ) ・一粒種(ひとつぶだね) ・ 御曹司(おんぞうし) ・プリンス ・プリンセス ・坊ちゃん(ぼっちゃん) ・一人息子(ひとりむすこ) ・子宝(こだから) ・秘蔵っ子(ひぞうっこ) ・倅(せがれ) ・子息(しそく) ・愛の結晶(あいのけっしょう) ・申し子(もうしご) ・姉御、姐御(あねご) ・貴方、彼方(あなた)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。