アフロヘアの語源・由来

アフロヘア

とても特徴的な髪型の「アフロヘア」。
その語源には俗説もあるので、注意が必要です。

「アフロヘア」の語源や由来は何でしょうか?

スポンサーリンク

アフロヘアの意味

パーマの一種で、細かく縮れて量感のある丸い髪型を言う。 アフロ。

アフロヘアの語源・由来

アフロヘアは英語の「Afro hair」に由来する外来語です。
「Afro」は「アフリカの」、「hair」は「髪」を意味します。
1960年代のアメリカで、アフリカ系の黒人に独特の髪型として広まったことから「アフロヘア」という名がつきました。
日本では、単に「アフロ」ということも多いです。

また、ギリシャ神話の愛と美と性の女神「アプロディータ(Aphrodita)」が語源とする説もありますが、「アフロヘア」と「アプロディータ」の間には全く接点がないため、この説は誤りと考えてよいでしょう。

類語・関連語

・ モヒカン ・スキンヘッド ・オールバック ・リーゼント ・ポニーテール ・ドレッドヘア ・ショートカット ・ボブ ・パンチパーマ ・ストレートパーマ ・ 天然パーマ(てんねんぱーま) ・虎狩り(とらがり) ・スポーツ刈り(すぽーつがり) ・七三分け(しちさんわけ) ・パーマ ・お河童(おかっぱ) ・カーリーヘア ・角刈り(かくがり) ・坊ちゃん刈り(ぼっちゃんがり) ・五分刈り(ごぶがり) ・ロン毛(ろんげ) ・ワンレングス ・お下げ(おさげ) ・丁髷(ちょんまげ) ・ 大銀杏(おおいちょう) ・胡麻塩頭(ごましおあたま) ・揉み上げ(もみあげ) ・丸坊主(まるぼうず) ・くりくり頭(くりくりあたま) ・旋毛(つむじ)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。