あほうどり(阿房鳥・信天翁)の語源・由来

あほうどり

随分失礼な名前の「あほうどり」。

なぜこのような名前を付けられてしまったのでしょうか?

この記事では「あほうどり」の語源や由来について解説していきます。

スポンサーリンク

あほうどりの意味

ミズナギドリ目アホウドリ科の海鳥の総称。翼を広げると2Mを超え、海鳥としては最大。

あほうどりの語源・由来

大型で地上での動作が鈍かったり人を恐れなかったりするために、簡単に捕まってしまうところから「あほうどり」の名が付けられたとされています。
羽毛を羽毛布団に利用するために乱獲され、現在は伊豆の無人島「鳥島(とりしま)」に少数が生息するのみで、 特別天然記念物に指定されています。
漢字では「信天翁」とも書き、 これは漢名に由来します。

類語・関連語

阿呆、阿房(あほう) ・鳥(とり) ・鵞鳥(がちょう) ・合鴨(あいがも) ・烏(からす) ・雀(すずめ) ・雲雀(ひばり) ・春告げ鳥(はるつげどり) ・燕(つばめ) ・閑古鳥(かんこどり) ・みみずく ・家鳩(いえばと) ・鴛鴦(おしどり) ・白鳥(はくちょう) ・海猫(うみねこ) ・鶏(にわとり) ・九官鳥(きゅうかんちょう) ・七面鳥(しちめんちょう) ・ほろほろ鳥(ほろほろちょう) ・孔雀(くじゃく) ・極楽鳥(ごくらくちょう) ・皇帝ペンギン(こうていぺんぎん) ・百舌(もず) ・翡翠(かわせみ) ・啄木鳥(きつつき)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。