アタッシュケースの語源・由来

アタッシュケース

ビジネスシーンで使うことが多い「アタッシュケース」。

なぜ「アタッシュケース」というのでしょうか?

この記事では「アタッシュケース」の語源や由来について解説していきます。

スポンサーリンク

アタッシュケースの意味

書類などを入れるための薄い箱型の手提げ鞄。アタッシェケース。

アタッシュケースの語源・由来

「アタッシュケース」はフランス語の「attaché case (アタッシェケース)」に由来する外来語です。
「attaché(アタッシェ)」は「大使館員」や「大使館付武館官」を意味し、彼らが愛用していたことから「アタッシェケース」と呼ぶようになりました。
日本では「アタッシュケース」と呼ばれることが多いですが、これは英語読みです。
英語では「attaché」の「é」の上の発音記号を無視して「アタッシュ」と発音することがあります。
もともとはフランス語に由来する言葉ですが、英語経由で日本に入った可能性があります。

類語・関連語

・トートバッグ ・キャリーバッグ ・リュックサック ・ランドセル ・ボストンバッグ ・ナップザック ・デイパック ・リュックサック ・トランク ・バスケット ・ポーチ ・頭陀袋(ずだぶくろ) ・蝦蟇口(がまぐち) ・腰巾着(こしぎんちゃく) ・風呂敷(ふろしき) ・セカンドバッグ ・財布(さいふ) ・ポチ袋(ぽちぶくろ)  ・手提げ袋(てさげぶくろ) 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。