アルツハイマー病の語源・由来

アルツハイマー病

とても恐ろしい病気の「アルツハイマー病」。

なぜ「アルツハイマー」というのでしょうか?

ここでは「アルツハイマー病」の語源や由来についてご紹介します。

スポンサーリンク

アルツハイマー病の意味

認知症の一種で、脳が著しく萎縮していく病。多くは初老期から発症し、認知機能の低下、人格の変化を主な症状とする。認知症の60%から70%を占める。

アルツハイマー病の語源・由来

「アルツハイマー病」はドイツの精神医学者「アイロス・アルツハイマー(A.Alzheimer )」に由来する呼称です。
1906年、アイロス・アルツハイマーが初めてこの病の症例を報告しました。
その後、 アイロス・ アルツハイマーの師である同じくドイツの精神医学者「クレペリン」が著書の中で紹介し、アルツハイマー病として広く知られるようになりました。

類語・関連語

・パーキンソン病(ぱーきんそんびょう) ・ノイローゼ ・パラノイア ・痴呆(ちほう) ・認知症(にんちしょう) ・夢遊病(むゆうびょう) ・鬱病(うつびょう) ・躁病(そうびょう) ・癲癇(てんかん) ・健忘症(けんぼうしょう) ・蜘蛛膜下出血(くもまくかしゅっけつ) ・脳卒中(のうそっちゅう)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。