アルプスの語源・由来

アルプス

「アルプス一万尺」という民謡でお馴染みの「アルプス」。

「アルプス」の語源や由来はなんでしょうか?

この記事では「アルプス」の語源や由来について解説していきます。

スポンサーリンク

アルプスの意味

ヨーロッパ中南部を走る大山脈。アルプス山脈。ヨーロッパの屋根とも呼ばれる。または、日本の中部地方の山岳地帯。日本アルプス。

アルプスの語源・由来

「アルプス」はラテン語で「高山」の意である「alpes」、または「白」の意である「alb」に由来し、さらに遡ればケルト語で「高い山」の意である「alf」または「山」の意である「alb」「alp」が語源とされています。
フランス語の「Alpe( アルプ)」経由で英語に入ったと考えられています。

「日本アルプス」は1911年に来日したイギリス人冶金技師「ガーランド」の命名です。

類語・関連語

・キリマンジャロ ・霊峰(れいほう)・アルペン ・エベレスト  ・モンブラン ・富士山(ふじさん) ・アコンカグア ・カルデラ ・最高峰(さいこうほう) ・山塊(さんかい) ・硫黄(いおう)   ・クレーター ・分水嶺(ぶんすいれい) ・天辺(てっぺん) ・麓(ふもと) 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。