アロハシャツの語源・由来

アロハシャツ

南国のイメージが強い「アロハシャツ」。

なぜ「アロハシャツ」と呼ぶようになったのか、ここではその語源や由来についてご紹介します。

スポンサーリンク

アロハシャツの意味

派手な模様のゆったりした半袖開襟シャツ。 ハワイ諸島では男性の日常着として用いられている。アロハ。

アロハシャツの語源・由来

「アロハ(aloha)」はハワイで「ようこそ」「さようなら」などの挨拶に用いる言葉で、もとは「愛」を意味する言葉です。
「aloha」はハワイ州の愛称「aloha State(アロハステート)」にも用いられており、ハワイを象徴する言葉であることから、ハワイの日常着であるシャツの名前にもなったとされています。
アロハシャツは日系アメリカ人がデザインを担当し、1920年頃に流行しました。
日本では1948年にリーゼントやロングスカートと共に大流行しました。

類語・関連語

・こんにちは  ・こんばんは  ・さようなら  ・バイバイ   ・あばよ    ・ただいま  ・ご機嫌よう(ごきげんよう)  ・ポロシャツ ・カッターシャツ  ・ T シャツ ・タンクトップ ・キャミソール ・ジーパン   ・タキシード ・ワンピース ・ジャケット ・ブレザー ・スーツ ・カーディガン ・チョッキ  ・もんぺ ・袴(はかま) ・ジャージー ・褌(ふんどし) ・ステテコ  ・割烹着(かっぽうぎ) ・合羽(かっぱ) ・タートルネック  ・ポンチョ   ・派手(はで) ・ファッション ・ウクレレ ・セーター

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。