ウクレレの語源・由来

ウクレレ

高木ブーでお馴染みの「ウクレレ」。

なぜ「ウクレレ」と呼ぶようになったのか、その語源や由来について解説していきます。

スポンサーリンク

ウクレレの意味

ギターによく似た形の小型の弦楽器。弦は4本。

語源・由来

「ウクレレ(ukulele)」 は、もともとポルトガルからハワイに入った楽器で、「uku(ウク)」は「蚤(のみ)」や「虱(しらみ)」、「lele(レレ)」は「飛び跳ねる」という意味のポリネシア語です。

「ウクレレ(ukulele)」という呼び名の由来は諸説あり、19世紀のハワイで、当時伝えられたこの楽器の演奏を得意としたイギリス人のあだ名が由来とする説、演奏の際の指の動きを飛び跳ねる蚤に例えたとする説、この楽器の演奏で歌い踊る移民たちの姿を飛び跳ねる蚤に例えたとする説、などがありますが、未詳とされています。

類語・関連語

アコーディオン  ・ピッコロ ・フルート ・クラリネット ・サックス ・オーボエ ・リコーダー ・チェロ ・バイオリン ・ビオラ ・コントラバス ・ギター ・チェンバロ ・ピアノ ・トライアングル ・角笛(つのぶえ) ・三味線(しゃみせん) ・琴(こと) ・胡弓(こきゅう) ・ハープ ・オルガン  ・喇叭(らっぱ) ・琵琶(びわ) 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。