団扇(うちわ)の語源・由来

団扇

夏の風物詩のひとつとして「団扇」があります。

身近に団扇があると時間が少しだけゆっくり進む気がしますね。

それでは団扇の語源を調べてみましょう。

スポンサーリンク

団扇の意味

扇いで風を起こす道具。細く削った竹の骨に紙や布を張って作る。近年はプラスチック製の骨もみられる。形は円形のものが多い。

語源・由来

語源は「うち(打ち)+は(羽)」とされる。「打つ」は虫を叩いたり払ったりすること。「羽」は鳥の羽を材料にしたからといわれています。
起源は中国。
日本には奈良時代に伝えられたといわれています。
もとは貴人が顔を隠すのに使われ、台所などで火を扇ぐときに使う団扇には渋を塗った「渋うちわ」があります。

類語・関連語

・左団扇(ひだりうちわ)  ・扇(おうぎ)  ・扇子(せんす)  ・羽ばたく(はばたく)  ・渋団扇(しぶうちわ)  ・蚊(か)  ・風をあおる(かぜをあおる)  ・孫の手(まごのて)  ・鉄扇(てっせん)  ・ハリセン  ・風・風邪(かぜ)  ・軍配(ぐんぱい)

スポンサーリンク