現を抜かす(うつつをぬかす)の語源・由来

現をぬかす(うつつをぬかす)

「夢うつつ」という言葉は目にしたことが多いかと思いますが、「うつつをぬかす」とはどういう意味なのでしょうか?

語源を調べてみましょう。

スポンサーリンク

現を抜かす(うつつをぬかす)の意味

ある物事に心をうばわれ、夢中になって我を忘れること。

語源・由来

「うつつ」とは正気・現実のこと。
「現を抜かす」は、正気がはっきりしていない状態を表すことから「物事に心を奪われ我を忘れる」という意味になったとされています。
夢か現実かと迷っているときに「夢・うつつ」といっていたのが、のちに夢を省略して「うつつ」のみで用いるようになったといわれています。

類語・関連語

・夢中(むちゅう)  ・うつらうつら  ・ぞっこん  ・憂き身をやつす(うきみをやつす)  ・溺れる(おぼれる)  ・血道をあげる(ちみちをあげる)  ・首ったけ(くびったけ)  ・病膏肓に入る(やまいこうこうにいる)  ・上の空(うわのそら)  ・心(こころ) 

スポンサーリンク