アイロンの語源・由来

アイロン

洋服のしわ伸ばしに必須の「アイロン」。

古くからある道具ですが、昔は違う名で呼ばれていました。

では、なぜ「アイロン」と呼ばれるようになったのでしょうか?

ここでは、アイロンの語源や由来についてご紹介します。

スポンサーリンク

アイロンの意味

衣服のしわを伸ばすために用いる鉄製の道具。

アイロンの語源・由来

「アイロン」は「鉄」を意味する英語「iron(アイアン)」が語源です。
衣服のしわを伸ばす道具は古くからあり、「伸す(のす)」ことから「熨斗(のし)」、また、炭火を使ったものは「火熨斗(ひのし)」と呼ばれていました。
英語が日本に入り始めた幕末頃には、誤読も少なくなく、「iron」は「アイロン」や「アイレン」と読まれ、この「アイロン」という誤読が定着したとされています。

ちなみに、同じ語源であるゴルフ道具は、英語の通り「アイアン」と呼ばれています。

類語・関連語

・熨斗(のし)  ・火熨斗(ひのし)  ・焼き鏝(やきごて)  ・鏝(こて)  ・如雨露(じょうろ)  ・亀の子束子(かめのこだわし)  ・ささら  ・乾布(かんぷ)  ・手帚(てぼうき)  ・竹箒(たけぼうき)  ・モップ  ・束子(たわし)  ・霧吹き(きりふき)  ・ドライヤー  ・スプレー  ・扇(おうぎ)  ・扇子(せんす)  ・塵取り(ちりとり)  ・クリーナー  ・雑巾(ぞうきん)  ・ミシン  ・銅(あかがね)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。