挨拶(あいさつ)の語源・由来

挨拶

日常生活に欠かせない「挨拶(あいさつ)」。

非常に身近な行為であり、言葉ですが、語源や由来は何でしょうか?

スポンサーリンク

挨拶の意味

人と会った時などに儀礼的に取り交わす言葉やしぐさ。また、儀式や会合などであらたまって述べること・その言葉。

挨拶の語原・由来

禅宗で僧の悟りの深浅をはかるために行う問答を「一挨一拶(いちあいいちさつ)」といいます。
これが転じて、一般的な問答や返答の言葉、手紙の往復などを「挨拶」というようになりました。
ここから、現在のような儀礼的な言葉やしぐさを指すようになったとされています。
もともと「挨」は「押し合う」、「拶」は「迫る」を意味し、「挨拶」は「複数で押し合う」を意味していました。

類語・関連語

有難う(ありがとう)  ・あばよ  ・いただきます  ・演説  ・スピーチ  ・会釈(えしゃく)  ・お辞儀(おじぎ)  ・おはよう  ・いらっしゃい  ・お陰様(おかげさま)  ・御免(ごめん)  ・送別  ・歓迎  ・回礼(かいれい)  ・自己紹介  ・人遇い (ひとあしらい)  ・こんにちは  ・こんばんは  ・さようなら  ・バイバイ  ・よろしく  ・ただいま  ・おやすみ  ・ご機嫌よう(ごきげんよう) 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。