青息吐息(あおいきといき)の語源・由来

青息吐息

「息」が二つ用いられている四字熟語「青息吐息」。

「青息吐息」の語源や由来はどのようなものでしょうか?

この記事では「青息吐息」についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

青息吐息の意味

困り果てた時に、弱弱しくつくため息。

青息吐息の語源・由来

「青息」は困り切った時に吐くため息もしくは顔が青ざめてつく息、「吐息」はため息の意です。

弱々しい様子を「青」で表現するのは「青びょうたん」などの用例にも見られます。

「青色吐息」は、深い嘆きによるため息を視覚化して色で表現している言葉です。

類語・関連語

・吐息(といき)  ・長大息(ちょうたいそく)  ・気落ち(きおち)  ・失望(しつぼう)  ・へなへな  ・意気阻喪(いきそそう)  ・腑抜け(ふぬけ)  ・失望(しつぼう)  ・絶望(ぜつぼう)  ・幻滅(げんめつ)  ・拍子抜け(ひょうしぬけ)  ・嘆息(たんそく)  ・憂い(うい)  ・落胆(らくたん)  ・お手上げ(おてあげ)  ・力抜け(ちからぬけ)  ・力落とし(ちからおとし)  ・しょげる  ・しょぼくれる  ・塩垂れる(しおたれる)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。