垢抜け(あかぬけ)の語源・由来

垢ぬけ

日常的に使われる「垢抜け」という言葉。

ここでは「垢抜け」の語源や由来についてご紹介します。

スポンサーリンク

垢抜けの意味

容姿や振る舞いが野暮ったくなくて洗練されている様子。

垢ぬけの語源・由来

「垢」はもともと皮膚に溜まった汚れを指す言葉でしたが、中世に入ると比喩的に「洗練されていないこと」や「泥臭さ」という意味でも使われるようになり、ここから「垢抜け」で「洗練されている」という意味になりました。

垢抜けは 「灰汁(あく)が抜ける」ともいい、どちらも江戸時代から使われている言葉です。

類語・関連語

垢(あか) ・赤(あか) ・汗(あせ) ・手垢(てあか) ・目脂(めやに) ・目糞(めくそ) ・鼻糞(はなくそ) ・汗水(あせみず) ・汗する(あせする) ・耳垢(みみあか) ・歯垢(しこう) ・皸(あかぎれ)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。