呆気ない(あっけない)の語源・由来

呆気ない

「呆気ない幕切れ」のどのように用いる「呆気ない」という言葉。
「あっけない」と読みます。

この記事では「呆気ない」の語源や由来について解説していきます。

スポンサーリンク

呆気ないの意味

物事が思ったより簡単で物足りない。張り合いがない。

語源・由来

「呆気ない」は「飽気無(あくけなし)」が変化したものといわれています。
「飽気無」は「不十分」の意。

その他、意外なことに出会って驚きあきれる意の「呆気な(あっけな)」の転とする説などもあります。

類語・関連語

呆気に取られる(あっけにとられる ) ・あっけらかん ・あほう(阿呆・阿房) ・度肝を抜かれる(どぎもをぬかれる) ・打っ魂消る(ぶったまげる) ・腰を抜かす(こしをぬかす) ・開いた口が塞がらない(あいたくちがふさがらない) ・あんぐり ・狐に摘ままれる(きつねにつままれる) ・あれよあれよ  ・物足りない(ものたりない) ・淡泊(たんぱく) ・白ける(しらける) ・手ごたえがない(てごたえがない) ・敢え無く(あえなく) ・さっぱりとした ・期待外れ(きたいはずれ) ・呆気ない幕切れ(あっけないまくぎれ)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。