アドバルーンの語源・由来

アドバルーン

 一昔前はよく目にした「アドバルーン」。
アドバルーン発祥の地はこの日本です。

ここでは「 アドバルーン」の語源や由来についてご紹介します。

スポンサーリンク

アドバルーンの意味

広告をつけて空に浮かべる気球。

語源・由来

「アドバルーン」は、広告を意味する英語の「アドバタイズメント(advertisement)」もしくは「 アドバタイジング(advertising)」の「アド(ad)」に、気球を意味する「バルーン(balloon)」を付けた言葉で、和製英語です。
アドバルーンは1907年に日本で初めて考案され、1913年に日本橋で初めて実用化されました。
当時は「広告気球」や「宣伝気球」と呼ばれており、1931年頃から都会の風物として流行し、「アドバルーン」と呼ばれるようになりました。

類語・関連語

・バルーン ・気球(ききゅう) ・飛行船(ひこうせん) ・熱気球(ねつききゅう) ・ゴンドラ ・落下傘(らっかさん) ・グライダー ・パラグライダー ・ハンググライダー ・パラシュート ・ プロペラ ・ロケット ・スペースシャトル ・ UFO(ゆーふぉー) ・ 空飛ぶ円盤(そらとぶえんばん) ・タイムマシン ・スペースシャトル ・人工衛星(じんこうえいせい) ・広告(こうこく) ・ヘリコプター ・エアバス ・ジャンボ機(じゃんぼき)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。