アライグマの語源・由来

アライグマ

可愛い見た目で人気者の「アライグマ」。

実は攻撃的で、害獣としての一面もあります。

そんな「アライグマ」の語源や由来についてご紹介します。

スポンサーリンク

アライグマの意味

アライグマ科アライグマ属に分類される哺乳類。 タヌキに似るが尾に黒い輪模様がある。

アライグマの語源・由来

果実などの食物を前足を使って洗ってから食べる習性があるように見えることから「アライグマ」と呼ばれています。
実際には、食物を洗う習性はなく、 前足を水中に入れて獲物を探る動作がそのように見えるだけのようです。
アライグマのその動作が、飼われた時に食物を洗うような動作になって現れると考えられています。

類語・関連語

・月の輪熊(つきのわぐま)  ・パンダ  ・驢馬(ろば) ・どら猫(どらねこ) ・ビーバー   ・羚羊(かもしか) ・山羊(やぎ) ・羊(ひつじ) ・膃肭臍(おっとせい) ・鹿(しか) ・川獺(かわうそ) ・鼬(いたち) ・象(ぞう) ・海豹(あざらし) ・海象(せいうち) ・鯨(くじら) ・海豚(いるか) ・儒艮(じゅごん) ・駱駝(らくだ) ・麒麟(きりん) ・河馬(かば) ・山荒(やまあらし) ・樹懶(なまけもの) ・土竜(もぐら) ・蝙蝠(こうもり) ・カンガルー  ・コアラ  ・鴨嘴(かものはし)  ・葦鹿・海驢(あしか)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。