粟(あわ)の語源・由来

古くから栽培されている「粟(あわ)」という穀物。
現在では食べる機会は少なくなっていますが、一度は聞いたことがある食べ物だと思います。

なぜ「あわ」と呼ぶのか、この記事ではその語源や由来について解説していきます。

スポンサーリンク

粟の意味

イネ科の一年草。 高さは約1.5 メートルで、実は小粒で黄色。日本では五穀の一つ。

粟の語源・由来

「粟(あわ)」は 穀物の中で味が淡白な点から「味が淡い」という意味で「あわ」と呼ばれるようになりました。

古代では穀物の分類基準が現代とは異なり、現代の「粟」は古代の「粟」とは異なると考えられており、 時代が進むにつれて現代のように小粒で黄色いものを「粟」と呼ぶようになったとされています。

類語・関連語

・稗(ひえ) ・大豆(だいず) ・豆(まめ) ・落花生(らっかせい) ・空豆(そらまめ) ・雛豆(ひよこまめ) ・玉蜀黍(とうもろこし)  ・蕎麦(そば)  ・小豆・赤小豆(あずき)  ・レンズ豆(れんずまめ) ・黍(きび) ・コーン ・玄米(げんまい) ・白米(はくまい) ・赤飯(せきはん) ・コシヒカリ ・新之助(しんのすけ) ・アキタコマチ ・ユメピリカ ・天空米(てんくうまい) ・龍の瞳(りゅうのひとみ)  

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。