生きる(いきる)の語源・由来

生きる

何気なく使っている「生きる」という言葉。
この言葉の語源や由来は何でしょうか?

この記事では「生きる」の語源や由来について解説していきます。

スポンサーリンク

生きるの意味

生命を保つ。生存する。生活をする。

生きるの語源・由来

「いきる」は「息(いき)」や「命(いのち)」と同根。
「いきる」の古語は「いく」であり、近代になって「いきる」の形になったとされています。
古語の「いく」には「生」「息」「気」「活」の漢字が当てられ、近代語の「いきる」は「生きる」または「活きる」と表記します。

類語・関連語

息(いき) ・命(いのち)  ・赤ちゃん(あかちゃん)  ・赤ん坊(あかんぼう)  ・目の黒い内(めのくろいうち) ・死に損ない(しにぞこない) ・不老不死(ふろうふし) ・植物状態(しょくぶつじょうたい) ・露の命(つゆのいのち) ・天命(てんめい) ・天寿(てんじゅ) ・老いさらばえる(おいさらばえる) ・身の振り方(みのふりかた) ・命拾い(いのちびろい) ・世渡り(よわたり) ・輪廻転生(りんねてんしょう)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。