痛い(いたい)の語源・由来

痛い

日常的に使われる「痛い(いたい)」という言葉。

最近では若者言葉としても用いられていますが、「痛い」の語源や由来はなんでしょうか?

スポンサーリンク

痛いの意味

肉体的、精神的に苦痛を感じるさま。

語源・由来

「痛い」は、現代では「肉体的、精神的な苦痛を感じるさま」を意味しますが、本来は「激しい刺激を受けた際の肉体的・精神的な感覚」を意味する言葉で、苦痛のようなマイナスの感覚だけではなく、プラスの感覚も表す広い意味の言葉です。

「痛い」のもとになっている言葉は「甚(いた)」。
「甚」は「程度が激しいこと」を意味する言葉です。
「甚」がもとになり「痛い」「痛し」「労わる(いたわる)」などの言葉が生まれました。

若者言葉の「痛い」は、「痛々しい」から派生して「かわいそう」や「みっともない」などの意味で用いられています。

類語・関連語

・痛々しい(いたいたしい) ・痒い(かゆい) ・擽ったい(くすぐったい) ・ずきずき  ・がんがん  ・きりきり  ・しくしく  ・イタイイタイ病(いたいいたいびょう) ・熱い(あつい) ・気の毒(きのどく) ・見るに堪えない(みるにたえない) ・忍びない(しのびない) ・憂鬱(ゆううつ) ・可哀想(かわいそう) ・無残(むざん) ・労しい(いたわしい) 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。