あそこ(彼処)の語源・由来

あそこ

日常的にとてもよく使う「あそこ」という言葉。

漢字では「彼処」と表記します。

「あそこ」の語源や由来はなんでしょうか?

スポンサーリンク

あそこの意味

話し手、聞き手の両者から離れた場所を指し示す遠称の指示代名詞。あの場所。

語源・由来

「あそこ」は「あしこ」が転じた言葉です。

「あしこ」は平安時代から用いられた言葉で、語源は不明とされていますが、「あ」は「あの」「あれ」など遠称を表す語と共通であり、「こ」は場所を表す「ここ」「そこ」「かしこ」などと共通しています。

類語・関連語

・あれ ・これ ・こっち ・そっち ・この ・ここ ・そこら ・そんじょそこら ・そこ ・あそこら辺(あそこらへん) ・あっち ・彼方(かなた) ・どこいら辺(どこいらへん) ・何処(いずこ) ・余所(よそ) ・あなた(貴方、彼方) ・彼方(あちら) ・あべこべ ・あちらこちら ・あちこち ・四方八方(しほうはっぽう) ・津々浦々(つつうらうら) ・どこもかしこも ・方々(ほうぼう)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。