あばよの語源・由来

あばよ

別れるときに言う「あばよ」という言葉。

身近な言葉ですが、その語源をご存じの方はあまり多くないと思います。

なぜ「あばよ」なのか、その語源や由来について解説していきます。

スポンサーリンク

あばよの意味

別れの挨拶の言葉。「さようなら」のくだけた言い方で、近世からみられる。

あばよの語源・由来

「あばよ」の語源は諸説あり定説はありませんが、「あんばいよう(塩梅良う・案配良う)」の略語とする説が有力です。
「あんばい」は「体の調子」の意であり、別れの言葉に「あんばいよう」を使い、それが略されて「あばよ」になったと考えられています。
「あんばい」は「体の調子」の意で近世から用いられており、「あばよ」も近世から用いられていることや、意味や語形を考えると、「あばよ」は「あんばいよう」の略とするのが妥当です。
ただし、「あんばいよう」を別れの言葉として使った例は不明です。

その他の説としては、「また会いたい」を意味する「あはばや」が「あわばや」「あーばや」「あばよ」と変化したとする説や、「さらばよ」の略で「あばよ」となったとする説などがあります。

あばよ

有難う(ありがとう) ・挨拶(あいさつ) ・ いただきます  ・演説(えんぜつ) ・スピーチ  ・会釈(えしゃく)  ・お辞儀(おじぎ)  ・おはよう  ・いただきます  ・いらっしゃい  ・お陰様(おかげさま)  ・御免(ごめん)  ・送別(そうべつ)  ・歓迎(かんげい)  ・回礼(かいれい)  ・自己紹介(じこしょうかい)  ・人遇い(ひとあしらい)  ・こんにちは  ・こんばんは  ・さようなら  ・バイバイ  ・よろしく  ・ただいま  ・おやすみ  ・ご機嫌よう(ごきげんよう)  ・押忍(おす) ・お愛想(おあいそ) 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。