アブサンの語源・由来

アブサン

お酒好きの方にはお馴染みの「アブサン」。

ここでは「アブサン」の語源や由来についてご紹介します。

スポンサーリンク

アブサンの意味

ヨーロッパで作られているリキュールの一種。ニガヨモギ、アニス、ウイキョウなどを加えて作る。 アブサント。 アプサン。アブシンス。

アブサンの語源・由来

「アブサン」は、フランス語「absinthe 」からの外来語です。
「absinthe 」の元々の意味は「ニガヨモギ」。
「アブサン」は19世紀のフランスで流行しましたが、中毒性が強くアルコール度が高いため、一時製造禁止になりました。

「アブサン」は美しい薄緑色で蠱惑的な魅力があるため、 日本の近代文学作品に登場することがあり、例えば、太宰治の人間失格にも登場します。

類語・関連語

・蒸留酒(じょうりゅうしゅ) ・洋酒(ようしゅ) ・リキュール ・泡盛(あわもり) ・アルコール ・ウオッカ ・ブランデー ・コニャック ・ウイスキー ・ラム酒(らむしゅ) ・ジン ・焼酎(しょうちゅう) ・発泡酒(はっぽうしゅ) ・ウィスキー ・合成清酒(ごうせいせいしゅ) ・生ビール(なまびーる) ・カクテル ・老酒(らおちゅう) ・バーボン ・ワイン 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。