アルコールの語源・由来

アルコール

飲み過ぎに注意が必要な「アルコール」。

なぜ「アルコール」と呼ばれるようになったのか、ここではその語源や由来について解説していきます。

スポンサーリンク

アルコールの意味

エチルアルコールの通称。アルコール飲料。酒。

アルコールの語源・由来

「アルコール」はアラビア語の「al koh’l」が由来のオランダ語「alcohol」からきている外来語。
「alcohol」は原語の発音から当初は「アルコホル」と表記されましたが、「エタノール」を真似て「アルコール」としたとする説や、「氷(こほり)」を「こおり」と発音する日本語の習慣から「アルコール」になったとする説があります。
「アルコホル」はもともと黒色顔料の微粉末のことで、「アルコール」の作り方がこの製法に似ていることから「アルコホル」と呼ばれるようになりました。

類語・関連語

泡盛(あわもり) ・アブサン  ・蒸留酒(じょうりゅうしゅ) ・洋酒(ようしゅ) ・リキュール ・ウオッカ ・ブランデー ・コニャック ・ウイスキー ・ラム酒(らむしゅ) ・ジン ・焼酎(しょうちゅう) ・発泡酒(はっぽうしゅ) ・ウィスキー ・合成清酒(ごうせいせいしゅ) ・生ビール(なまびーる) ・カクテル ・老酒(らおちゅう) ・バーボン ・ワイン  ・お神酒(おみき) ・忘憂の物(ぼうゆうのもの) ・大吟醸(だいぎんじょう) ・ボージョレ・ヌーヴォー ・モルト ・シャンパン ・シェリー ・ハイボール ・オンザロック

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。