アレルギーの語源・由来

アレルギー

清潔すぎる生活環境が一因となり、近年お悩みの方が増えている「アレルギー」。

花粉症もアレルギーの一種です。

この記事では「アレルギー」の語源や由来についてご紹介します。

スポンサーリンク

アレルギーの意味

ある物質に対する生体の異常に過敏な免疫反応。即時型過敏症。 比喩的に、人や物事に対する過敏な拒絶反応。

アレルギーの語源・由来

「アレルギー」はドイツ語の「Allergie」に由来する外来語です。
「Allergie」は、オーストリアの小児科医「 クレメンス・ピーター・フォン・ピルケ(Clemens Peter von Pirquet)」がギリシャ語の「allos(奇妙な・変わった)」と「ergon(作用・反応)」を組み合わせてドイツ語風につくった造語。
この言葉は、ピルケによって1906年に初めて使用されました。

類語・関連語

アトピー  ・汗疹(あせも)  ・痣(あざ) ・皹(ひび) ・皸(あかぎれ)   ・垢(あか) ・黒子(ほくろ) ・雀斑(そばかす) ・たん瘤(たんこぶ) ・膿(うみ)  ・蕁麻疹(じんましん) ・水虫(みずむし) ・霜焼け(しもやけ) ・凍瘡(とうそう) ・面皰(にきび) ・疥癬(かいせん) ・お出来(おでき) ・ヘルペス ・疱疹(ほうしん) ・白癬(はくせん) ・吹き出物(ふきでもの) ・水虫(みずむし) ・田虫(たむし) ・陰金(いんきん) ・霜焼け(しもやけ) ・疣(いぼ) ・黒子(ほくろ) ・麻疹(はしか) ・火傷(やけど)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。