アンデスメロンの語源・由来

アンデスメロン

お手頃価格で美味しい「アンデスメロン」。

名前だけ聞くと海外の産地を思い浮かべますが、純粋な日本産メロンです。

なぜ「アンデスメロン」と名付けられたのか、その語源や由来についてご紹介します。

スポンサーリンク

アンデスメロンの意味

1977年に種苗メーカーの「サカタのタネ」が開発したメロンの品種。 果皮表面には網目が入り果肉は緑色。

アンデスメロンの語源・由来

「アンデスメロン」は日本産のメロンなので、南米のアンデス地方やアンデス山脈とは全く関係ありません。
名前の由来は、 アンデスメロンが病気にかかりにくく栽培しやすい品種であることから「作って安心」「売って安心」「買って安心」という意味で、当初は「安心ですメロン」という名称で売り出す予定でしたが、ネーミングとしてイマイチだったために略して「アンデスメロン」となりました。
アンデスメロンは姿・味・香りがマスクメロンに似ていて、値段が安いことから人気があり、北海道から九州地方まで広く栽培され、ハウス栽培の中心品種となっています。

類語・関連語

・西瓜(すいか) ・ 瓢箪(ひょうたん)  ・糸瓜(へちま) ・猫じゃらし(ねこじゃらし) ・無花果(いちじく) ・石榴(ざくろ) ・落花生(らっかせい) ・椪柑(ぽんかん) ・アボカド ・銀杏(ぎんなん) ・アスパラガス  ・杏(あんず)  ・オレンジ ・津之輝(つのかがやき) ・甘平(かんぺい) ・デコポン ・あまおう ・とちおとめ ・佐藤錦(さとうにしき) ・マスクメロン ・冬恋(ふゆごい) 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。