ウィンナーコーヒーの語源・由来

ウィンナーコーヒー

初めて聞くと、なぜソーセージが関係するのか不思議に思う「ウィンナーコーヒー」。

「ウィンナー」の意味を知るとその由来が理解できます。  

スポンサーリンク

ウィンナーコーヒーの意味

カップに注いだ濃いコーヒーの上に泡立てた生クリームを浮かべた飲み物。ウィンナコーヒー。

語源・由来

「ウィンナーコーヒー」の「ウィンナー」は「ウィーン風の」という意味のドイツ語です。
「ウィンナーコーヒー」で「ウィーン風のコーヒー」という意味になります。
ただし、ウィーンでは「ウィンナーコーヒー」とは言わずに「アインシュペンナー」と言います。
「アインシュペンナー」は「一頭立て馬車」という意味の言葉で、馬車の御者が暖を取るためにこのコーヒーを飲んでいたことから名付けられたとされています。
また、「ウィンナーコーヒー」と似た飲み物に「カプチーノ」がありますが、これは生クリームにシナモンの粉をふりかけ、かき混ぜてから飲みます。
「ウィンナーコーヒー」はかき混ぜずに飲む、という違いがあります。

類語・関連語

・カプチーノ  ・カフェラテ  ・カフェオレ  ・エスプレッソ  ・ココア  ・チョコレート  ・カモミール  ・ダージリン  ・アールグレイ  ・アッサム  ・ ミルクセーキ  ・グリーンティー  ・リキュール  ・ウオッカ  ・ブランデー  ・アブサン  ・コニャック  ・ウイスキー  ・生ビール(なまびーる) ・カクテル ・老酒(らおちゅう) ・バーボン  ・ワイン  ・ボージョレ・ヌーヴォー  ・モルト  ・シャンパン  ・シェリー  ・ハイボール  ・オンザロック  ・アルコール   ・ウィンナーソーセージ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。