赤貝(あかがい)の語源・由来

赤貝

お刺身にすると美味しい「赤貝」。

なぜ「赤貝」というのか、語源や由来についてご紹介します。

スポンサーリンク

赤貝とは

フネガイ目フネガイ科の二枚貝の一種。 海に住む。 体長最大12 センチメートル。

赤貝の語源・由来

赤貝は、血が赤く肉も赤いことから赤貝と呼ばれています。

赤貝の血や肉が赤いのは、哺乳類と同じく、血液中にヘモグロビンを持っているためです。

類語・関連語

鮑・蚫・鰒(あわび) ・浅蜊(あさり) ・青柳(あおやぎ) ・赤の他人(あかのたにん) ・赤字(あかじ) ・赤ちゃん(あかちゃん) ・赤ん坊(あかんぼう) ・赤(あか) ・赤烏帽子(あかえぼし) 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。