上がったり(あがったり)の語源・由来

上がったり

「商売上がったり」などのように用いる「上がったり」という言葉。

なぜ「上がったり」と言うようになったのか、語源や由来についてご紹介します。

スポンサーリンク

上がったりの意味

商売や事業などがうまくいかずどうしようもなくなるさま。

上がったりの語源・由来

「上がる」には「雨が上がる」のように、物事が完了する、終わるという意味があります。

この「あがる」の連用形に完了の助動詞「たり」がついた「あがりたり」が変化して「あがったり」になりました。

「もう終わってしまった」という意味から、江戸後期頃に物事が駄目になる意に転じたとされています。

類語・関連語

上がり(あがり) ・商い(あきない) ・赤字(あかじ)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。