明日(あした)の語源・由来

あした

普段から何気なく使っている「あした」という言葉。

ここでは、とても身近な「あした」という言葉の語源や由来について、解説していきます。

スポンサーリンク

あしたの意味

今日の次の日。翌日。あす。

語源・由来

「あした」は古くは「朝」を意味しました。
「夕べ」と対になる言葉であり、「ゆうべ、よい、よなか、あかつき、あした」の順に夜から朝にかけての区分を指しました。
このように「あした」は夜の終わりとしての朝を意味していたため、鎌倉末期には「夜中に何かあった日の翌朝」という意味を持つようになり、中世以後、現代語と同じ「明日」を意味するようになりました。

言葉の語源としては、「明く(あく)」に、時節を意味する「しだ」で「あけしだ(明時)」が転じたとする説が有力。

他には、「あ」は「浅」、「した」は「下」で、まだ日が浅く、天の下に低くある意、とする説などがあります。

類語・関連語

明日(あす) ・明後日(あさって) ・明かり(あかり) ・曙(あけぼの)  ・暁(あかつき)  ・あからさま ・赤(あか) ・昼(ひる) ・晩(ばん) ・東雲(しののめ) ・彼は誰時(かわたれどき) ・夜夜中(よるよなか) ・夜の帳が下りる(よるのとばりがおりる) ・丑三つ時(うしみつどき) ・宵の口(よいのくち) ・朧月夜(おぼろづきよ)  ・朝ぼらけ(あさぼらけ) ・朝っぱら(あさっぱら) ・昨日(きのう) ・一昨日(おととい) 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。