明日(あす)の語源・由来

明日

普段から何気なく使う「明日」という言葉。

とても身近な言葉ですが、その語源には多くの説があります。

この記事では「明日」の語源や由来について解説していきます。

スポンサーリンク

明日の意味

今日の次の日。転じて、近い将来。

語源・由来

「あさ(朝)」「あした(明日)」と同源で、「明るくなる」「夜が明ける」の意の動詞「明く(あく)」 が関係しているとされています。

また、「明くるあさ」の転、「あした」の約、「あかす」の略、 「あかすひ(開日)」の略など、様々な説が存在します。

類語・関連語

明後日(あさって)  ・明日葉(あしたば)  ・明かり(あかり) ・曙(あけぼの)  ・暁(あかつき)  ・あからさま ・赤(あか) ・昼(ひる) ・晩(ばん) ・東雲(しののめ) ・彼は誰時(かわたれどき) ・夜夜中(よるよなか) ・夜の帳が下りる(よるのとばりがおりる) ・丑三つ時(うしみつどき) ・宵の口(よいのくち) ・朧月夜(おぼろづきよ)  ・朝ぼらけ(あさぼらけ) ・朝っぱら(あさっぱら) ・昨日(きのう) ・一昨日(おととい) 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。