敦盛草(あつもりそう)の語源・由来

敦盛草

平家物語に関係している「敦盛草」。

ここでは「敦盛草」の語源や由来についてご紹介します。

スポンサーリンク

敦盛草(あつもりそう)の意味

ラン科アツモリソウ属の多年草で、日本の特産種。北海道や本州などの山地の半日陰に生える。初夏に五センチほどの紅紫色や白色の花をつける。

語源・由来

「敦盛草」の名は一ノ谷の合戦で熊谷直美に討ち取られた「平敦盛」に由来します。
花の形が平敦盛が身に着けていた母衣(ほろ=戦陣で鎧の背にかける大型の布)に似ていることから名付けられました。

ただし、この敦盛草とよく似た植物に、熊谷直美の母衣に由来する「熊谷草」というものがあり、こちらの方が先に名付けられたとされています。
熊谷直美に平敦盛が討ち取られたことは、庶民の間でよく知られており、熊谷直美といえば平敦盛と、すぐに連想されたため、熊谷草とよく似た植物が「敦盛草」と呼ばれるようになったと考えられています。

類語・関連語

・熊谷草(くまがいそう) ・菖蒲(あやめ) ・杏(あんず)  ・雪柳(ゆきやなぎ) ・江戸彼岸(えどひがん) ・八重桜(やえざくら) ・染井吉野(そめいよしの) ・蒲公英(たんぽぽ) ・向日葵(ひまわり) 百日草(ひゃくにちそう) ・日日草(にちにちそう) ・浅葱色(あさぎいろ) ・アザレア ・明日葉(あしたば)  ・あすなろ(翌檜) ・アネモネ  ・あずき(小豆・赤小豆) ・あけび ・紫陽花(あじさい)  ・麻(あさ) ・朝顔(あさがお)  ・鳥兜(とりかぶと) ・芥子(けし) ・水芭蕉(みずばしょう) ・仙人掌(さぼてん)  ・卯の花(うのはな) ・薔薇(ばら)  ・月桂樹(げっけいじゅ) ・小手毬(こでまり)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。