アメダスの語源・由来

アメダス

日頃からお世話になっている「アメダス」。
「アメダス」の名称には「雨」が関係していると思われがちですが、語源は別にあります。

「アメダス」の語源や由来はどのようなものでしょうか?

スポンサーリンク

アメダスの意味

局地的な集中豪雨などを監視するために開発された地域気象観測システム。AMeDAS。

アメダスの語源・由来

アメダス(AMeDAS)は、地域気象観測システムの英語名「Automated Meteorological Data Acquisition System」の頭文字をとった語です。
「Automated Meteorological Data Acquisition System」は「自動の気象データ取得システム」という意味です。

アメダスは全国約1300ヵ所にある無人気象観測所から、電話回線を利用して、自動的に気象観測データを送るシステムです。

類語・関連語

雨脚・雨足(あまあし) ・人工衛星(じんこうえいせい) ・宇宙ステーション(うちゅうすてーしょん) ・スペースシャトル ・ロケット ・アドバルーン ・荒れ模様(あれもよう) ・愚図つく(ぐずつく) ・空模様(そらもよう) ・ ざあざあ降り(ざあざあぶり)  ・嵐(あらし) ・雷(いかずち) ・霰(あられ)  ・狐の嫁入り(きつねのよめいり) ・五月雨(さみだれ) ・梅雨(つゆ) ・ぱらつく ・ぽつぽつ ・ぱらぱら ・しとしと ・ゲリラ豪雨(げりらごうう) ・ぼたん雪(ぼたんゆき) ・ちらつく ・入道雲(にゅうどうぐも) ・光化学スモッグ(こうかがくすもっぐ) ・貿易風(ぼうえきふう)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。