あまあし(雨脚・雨足)の語源・由来

あまあし

「あまあしが強まる」などのように用いる「あまあし」という言葉。

ここでは「あまあし」の語源や由来について解説していきます。

スポンサーリンク

あまあしの意味

筋のように降り注ぐ雨。雨の通り過ぎるさま。

あまあしの語源・由来

「あまあし」は 漢文の熟語「雨脚(うきゃく) 」や「雨足(うそく)」を訓読した「あめのあし」が略されてできた言葉です。

漢文では「雨の雫が糸筋のように長く引くさま」という意味でしたが、日本ではそれに加えて「雨が通り過ぎてゆくさま」という意味でも用いられるようになりました。

類語・関連語

・雨(あめ) ・土砂降り(どしゃぶり) ・天の底が抜けたよう(てんのそこがぬけたよう) ・狐の嫁入り(きつねのよめいり) ・夕立(ゆうだち) ・梅雨(つゆ) ・五月雨(さみだれ) ・卯の花腐し(うのはなくたし) ・雨降って地固まる(あめふってじかたまる) ・嵐(あらし) ・アメダス ・霰(あられ) ・雨蛙(あまがえる)  ・足・脚(あし)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。