謝る(あやまる)の語源・由来

謝る

日常的に使う言葉の「謝る」。

誰でも一度は謝った経験があると思いますが、なぜ「謝る」というのでしょうか?

この記事では「謝る」の語源や由来について解説していきます。

スポンサーリンク

謝るの意味

悪かったという思いを相手に伝え、許しを求める。わびる。

謝るの語源・由来

「謝る」は「誤る」から派生した語であり、室町時代末期頃に成立しました。
誤りに気づけば詫びる気持ちになるところから生じた語とされています。

なお、「あやまる」に「謝」の字を用いることが一般的になったのは近代以降です。

類語・関連語

・御免(ごめん) 有難う(ありがとう) ・挨拶(あいさつ)  ・あばよ  ・いただきます  ・演説  ・スピーチ  ・会釈(えしゃく)  ・お辞儀(おじぎ)  ・おはよう  ・いただきます  ・いらっしゃい  ・お陰様(おかげさま)  ・御免(ごめん)  ・送別  ・歓迎  ・回礼(かいれい)  ・自己紹介  ・人遇い (ひとあしらい)  ・こんにちは  ・こんばんは  ・さようなら  ・バイバイ  ・よろしく  ・ただいま  ・おやすみ  ・ご機嫌よう(ごきげんよう)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。