アトピーの語源・由来

アトピー

よく聞くカタカナ語の「アトピー」。

なぜ「アトピー」というのでしょうか?

この記事では「アトピー」の語源や由来について解説していきます。

スポンサーリンク

アトピーの意味

アトピーとは先天性の過敏症のこと。皮膚炎、アレルギー性鼻炎、気管支喘息などを含めてアトピー性疾患と呼ぶ。一般的にはアトピー性皮膚炎を指す。

アトピーの語源・由来

「アトピー」は英語の「atopy」に由来する外来語です。
語源はギリシャ語の「atopos」で、「奇妙な」を意味する言葉です。
「a」は否定、「topos」は場所を意味し、直訳すると「あるべき場所にない」となります。
原因不明の奇妙な症状であったことから、この名がついたとされています。

類語・関連語

汗疹(あせも)  ・痣(あざ) ・皹(ひび) ・皸(あかぎれ)   ・垢(あか)アレルギー ・黒子(ほくろ) ・雀斑(そばかす) ・たん瘤(たんこぶ) ・膿(うみ)  ・蕁麻疹(じんましん) ・水虫(みずむし) ・霜焼け(しもやけ) ・凍瘡(とうそう) ・面皰(にきび) ・疥癬(かいせん) ・お出来(おでき) ・ヘルペス ・疱疹(ほうしん) ・白癬(はくせん) ・吹き出物(ふきでもの) ・水虫(みずむし) ・田虫(たむし) ・陰金(いんきん) ・霜焼け(しもやけ) ・疣(いぼ) ・黒子(ほくろ) ・麻疹(はしか) ・火傷(やけど) 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。