居酒屋(いざかや)の語源・由来

居酒屋(いざかや)

お酒好きの方にはお馴染みの「居酒屋(いざかや)」。

「居酒屋」の語源や由来を知っておくと、お酒の席で話のネタになるかもしれませんよ。

居酒屋の意味

気軽にお酒が飲める大衆的な酒場。

類語・関連語

「居酒屋」は、酒屋の店先に腰掛けて気軽に飲む酒を「居酒(いざけ)」といったことに由来する言葉です。
居酒の「居」は「座る」という意味。
この「居酒」を飲ませるお店は「居酒屋(いざけや)」と呼ばれていましたが、転じて「いざかや」と言うようになりました。
これは、「居酒屋(いざけや)」の「居酒」の意味が忘れられ、「居」+「酒屋(さかや)」と認識されるようになったことが原因と考えられています。

類語・関連語

・酒(さけ) ・喫茶店(きっさてん) ・赤提灯(あかちょうちん) ・縄暖簾(なわのれん) ・老舗(しにせ) ・小料理屋(こりょうりや) ・割烹(かっぽう) ・泡盛(あわもり) ・アブサン  ・蒸留酒(じょうりゅうしゅ) ・洋酒(ようしゅ) ・リキュール ・ウオッカ ・ブランデー ・コニャック ・ウイスキー ・ラム酒(らむしゅ) ・ジン  ・アルコール  ・焼酎(しょうちゅう) ・発泡酒(はっぽうしゅ) ・ウィスキー ・合成清酒(ごうせいせいしゅ) ・生ビール(なまびーる) ・カクテル ・老酒(らおちゅう) ・バーボン ・ワイン  ・忘憂の物(ぼうゆうのもの) ・大吟醸(だいぎんじょう)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。