あぐらの語源・由来

あぐら

現在では「だらしない」というニュアンスを含む「あぐら」。

もともとは別の意味で使われていた言葉です。

「あぐら」の語源や由来はなんでしょうか?

スポンサーリンク

あぐらの意味

両足を組んで楽に座ること。

語源由来

あぐらは「足座(あくら)」が語源とされています。
「くら(座)」は「枕(まくら)」などと同じく「高く設けられた場所」の意。
馬に乗るための「鞍(くら)」なども同源です。
「あぐら」はもともと古代貴族が座る高い台を意味しました。

「あぐらをかく」など現在のように「楽に座る」という意味で使われ始めたのは江戸期に入ってからです。

類語・関連語

足・脚(あし) ・歩く(あるく) ・足蹴(あしげ) ・ あぶく銭(あぶくぜに)  ・商い(あきない) ・椅子(いす) ・茣蓙(ござ) ・座る・坐る(すわる) ・枕(まくら) ・車座(くるまざ) ・正座(せいざ) ・しゃがむ ・蹲る(うずくまる) ・跪く(ひざまずく) ・土下座(どげざ) ・仁王立ち(におうだち)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。