アネモネの語源・由来

アネモネ

ロマンティックな語源の「アネモネ」。

ここでは「アネモネ」の語源や由来についてご紹介します。

スポンサーリンク

アネモネの意味

キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草。古くから人との関わりが深い植物であり、神話や伝説に登場することも多い。春に開花する。牡丹一華 (ボタンイチゲ)。花一華(ハナイチゲ)。紅花翁草(ベニバナオキナグサ)。

アネモネの語源・由来

日本には野生のアネモネも存在しますが、園芸品種としてのアネモネは明治初年に渡来したとされています。
「アネモネ」は英語の「anemone 」からきている外来語。
語源はギリシャ語の「anemone」で「風の娘」を意味する言葉です。
「anemos」は「風」、「one」は「娘」を意味します。
アネモネが「風の娘」とされるのは、春風が吹く頃に開花するためだとされています。

類語・関連語

アザレア  ・あずき(小豆・赤小豆) ・あけび ・紫陽花(あじさい)  ・麻(あさ) ・朝顔(あさがお)  ・菖蒲(あやめ) ・杏(あんず)  ・雪柳(ゆきやなぎ) ・江戸彼岸(えどひがん) ・八重桜(やえざくら) ・染井吉野(そめいよしの) ・ 明日葉(あしたば) ・敦盛草(あつもりそう)  ・蒲公英(たんぽぽ) ・向日葵(ひまわり) 百日草(ひゃくにちそう) ・日日草(にちにちそう)  ・菜の花(なのはな)  ・アスパラガス ・アンデスメロン

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。