アマリリスの語源・由来

アマリリス

大輪の花を咲かせる「アマリリス」。
ここでは「アマリリス」の語源や由来についてご紹介します。

スポンサーリンク

アマリリスの意味

ヒガンバナ科ヒッペアストルム属の多年草。初夏にユリに似た花が咲く。花色は赤、白、ピンクなど豊富で、数百種類の園芸品種がある。

アマリリスの語源・由来

「アマリリス」は、中南米、西インド諸島、南アフリカが原産で、日本には中南米原産のものが19世紀中頃に渡来したとされています。
当初は「ジャガタラ水仙」と呼ばれていました。
「アマリリス」の名前は、 古代ギリシャの詩人テオクリトスの詩に登場する美しい羊飼いの娘「Amaryllis」の名前が由来です。

類語・関連語

アネモネ  ・ミモザ ・アカシア ・偽アカシア(にせあかしあ) ・ジギタリス ・ポインセチア  ・ クリスマスローズ ・ガーベラ ・マーガレット ・ダリア ・マリーゴールド ・コスモス ・クレマチス ・シクラメン ・ラベンダー ・パンジー ・ カーネーション ・ゼラニウム ・チューリップ ・ヒヤシンス ・菖蒲(あやめ) ・杏(あんず) ・あずき(小豆・赤小豆) ・あけび ・紫陽花(あじさい)  ・明日葉(あしたば) ・敦盛草(あつもりそう) ・あすなろ(翌檜)   ・麻(あさ) ・朝顔(あさがお) ・浅葱色(あさぎいろ) ・薊(あざみ) ・葦・蘆・芦(あし)  ・紅葉(もみじ) ・沙羅双樹(さらそうじゅ) ・山茶花(さざんか) ・花水木(はなみずき) ・金木犀(きんもくせい)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。