赤恥(あかはじ)の語源・由来

赤恥

誰もがかきたくない「赤恥」。

なぜ「赤」なのでしょうか?

ここでは「赤恥」の語源や由来について、ご紹介します。

スポンサーリンク

赤恥の意味

人々の面前でさらけ出した大恥。あかっぱじ。

赤恥の語源・由来

「赤」は「明か(あか)」と同源で、「 明白な」「 遮蔽がない」を意味します。
赤恥は恥を強めた言い方で、最高の恥のことです。

赤恥はよく「あかっぱじ」と言いますが、これは江戸弁です。
江戸っ子は赤恥を「あかっぱじ」とつめて言い、これが現代にも残っています。

類語・関連語

赤門(あかもん)  ・赤女(あかめ)  ・赤字(あかじ)  ・赤ちゃん(あかちゃん)  ・赤ん坊(あかんぼう)  ・赤烏帽子(あかえぼし)  ・赤貝(あかがい)  ・赤(あか)  ・明かり(あかり)  ・あかんべい  ・垢(あか)  ・銅(あかがね) ・赤の他人(あかのたにん) ・あずき(小豆・赤小豆)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。